なごの思い

ある年の7月5日、田んぼの畦道に

弱って動けなくなった子猫と出会いました。

​「なご」と名付けた小さな女の子。

バケツにぬるま湯を入れて身体を洗うと

一面にノミが浮いてきました。

​身体はやせ細り、

重い肺炎にかかっていたため入院しましたが、

いっぱい頑張って元気になりました。

でも、その後の検査で

母子感染の白血病であることがわかり

お医者さまからは

「1歳まで生きられないだろう」

と言われました。

それでも

大好きなお兄ちゃん猫のミーと

いっしょに穏やかな毎日を過ごしました。

「なご」は私たち家族に

数えきれない幸せな思い出を残して

2歳と2ヶ月、

突然ひとりでお空に旅立ちました。

「なご」が教えてくれたこと。

小さな命たちの声を聞いて

ひとつでも多くの命が幸せにつながるよう

そのためのお手伝いをしたい。

手探りだけど、大切な仲間たちと

1歩ずつ前に進みたい。

そんな想いで

この小さなグループを作りました。

​愛護団体WARAINAなごの家

代表 直原幸緒

​(じきはら さちお)

05.png
03.png
01.png
アセット 4.png
アセット 2.png
アセット 3.png
04.png
02.png